NURO光の回線工事は何をする?

NURO光の工事は、住宅事情にもよりますが、基本的には宅内、屋外の順に2回施工されます。

賃貸住宅の場合は、光キャビネットや光ローゼット設置に伴うビス留め、
光ケーブル引き込みに伴う穴あけについて、事前に許可が必要な場合がありますので、
あらかじめご確認ください。

光キャビネットは、横77mm、縦183mm、奥行き37mmで、
固定電話の保安器をひとまわり大きくしたようなサイズです。

通常は、最寄の電柱や光ケーブルから最短距離の壁面に設置されます。

固定電話を既に持っている場合、電話の保安器の設置されている場所が
ほぼその位置にあたり、設置箇所の目安になります。

最終的に主にどの部屋でNURO光を利用するのか、
光回線終端装置のONUを設置するのかによって、
利用する部屋の外壁まで光ケーブルを配線することもあります。

光キャビネットの設置は、壁に約4mm程度の穴を開け、ビスで固定され、
その際、防水処理が施工されますので、安心です。

光ケーブルの引き込みは、設置済みの光キャビネットから屋内に光ケーブルを入線することで行われます。

引き込み方法は、エアコンのダクトを利用する方法電話線などの既存配管を利用する方法
新規に穴を開ける方法があります。

どの方法がベストなのか、工事施工前に担当者から提案されますので、
ここで納得の行くまで相談できます。

宅内に引き込んだ光ケーブルには、
部屋の壁面に取り付ける光コンセントと接続されます。

光アウトレットは、既存配管を利用した場合に用いられる、
固定電話のモジュラーコンセントと光コンセントが一体化したモデルです。

光ローゼットは、エアコンのダクトや新規に開けた穴を利用した場合に用いられる、
光ケーブル単独のシンプルな光コンセントです。

光コンセントの設置した部屋の任意の場所にONUを設置し、光コードで接続します。
コードは、2m、3m、5m、10mが用意されており、その中から選ぶことができます。

つづいて屋外工事に入ります。
最寄の電柱から光ケーブルを引き込み、冒頭で設置した光キャビネットに接続されます。

NURO光に申し込み時の基本工事費の範囲の施工は以上となり、
ONUとパソコンなどを接続すれば、高速で快適なインターネットを利用することができます。

別途、宅内LAN配線やLANコンセントの設置が必要な場合は、
別料金の追加宅内工事となります。

最後に、将来解約をして各機器の撤去が実施される場合には、
ビス留めしていた箇所の穴埋め処理を施工する事も可能です。

そのようなアフターフォローがしっかりしているのもNURO光の信頼へと繋がっています。

貰えるもんは貰いたい!NURO光の最新キャッシュバック情報

インターネットの光回線はもはや全家庭になくてはならない存在として確立しており、
光回線を提供している各社は様々なキャンペーンや特典内容で契約者数を伸ばそうとしています。

お勧めの光回線のチェックポイントとしてはまず契約方法が単純である事です。

インターネットの契約は誤解されがちですが光回線の契約だけではインターネットに接続できず
プロバイダと呼ばれている接続業者とも契約しなければインターネットに接続できないのです。

そのためインターネットの光回線が安定している事と同時に
契約内容が簡略化されている所と契約する事を強くお勧めします。

数ある光回線の中でお勧めできるのがNURO光です。

NURO光では家でスマートフォンを使うと通信料金を抑えられる
高速無線LANとセキュリティサービス付で月額4743円という低価格で
インターネットを楽しむ事ができるのです。

さらにスマートフォンの特定の会社と同時契約する事で通話料が24時間無料になるサービスや、
通信料が二年間もの間月額最大で2000円も割引されるサービスも提供しているので、
スマートフォンと光回線の同時契約を考えている方には特にお勧めできます。

そしてインターネットの回線契約で契約方法と同じくらい悩ましい
初期費用に関してもNURO光はとてもお得なキャンペーンを展開しています。

通常月額基本料金4743円の他に基本工事費用40000円と
契約事務手数料が初期費用として掛かるのですが、
NURO光では契約すると30000円キャッシュバックされるのです。

工事費用とほぼ同額のキャッシュバックは他の光回線のキャンペーンでも中々やっておらず、
新規契約を考えている方には特にお勧めできるキャンペーンです。

そしてNURO光の魅力は何といってもインターネット接続環境の快適度です。

インターネット接続スピードは下りで2Gbpsの超高速回線なので、
ホームページ等へのアクセススピードは勿論近年流行っている
動画投稿サイトのコンテンツを快適で楽しめる品質となっています。

またインターネットの接続が難しいと感じる人でも工事が終わったら
専用ホームゲートウェイとパソコンを有線接続するだけでインターネットを
楽しむ事ができるので、初めてのインターネットライフには最適のプランです。

さらに付属されている高速無LANも持っている無線端末に
キーを1つ入力するだけで使用できるので、様々な環境で
存分にインターネットを楽しみたい方にも非常にお勧めできます。

戸建て編!NURO光の月額料金と維持費

下り最大2Gbpsを実現しているNURO光は、
欧州などで普及する世界標準のGPONテクノロジーを採用している光回線サービスです。

通信局と利用者の間をGPONで繋ぐことで下り最大2Gbpsを実現し、
利用者宅の複数の端末に同時接続ができる魅力があります。

特に一戸建て住宅の月額の光回線の使用料は、
他社の光回線サービスであれば5,000円を超えるケースが多くなりますが、
NURO光であれば5,000円を切る税抜4,743円でサービスを受けることができます。

この税抜4,743円のサービスの中には、回線使用料を始め、
プロバイダ料金、無線LAN装置、セキュリティなど総てがコミコミのプランとなります。

戸建て住宅の場合には、インターネットライフの実現のために設定を行う必要がありますが、
それをホームゲートウェイのONUという装置を設置し、それにPC端末を繋げるだけで
簡単にインターネットに接続を行うことができるメリットもあります。

こうしたメリットがあるNURO光には、戸建て向けに二つの基本料金プランが存在し、
「NURO 光G2V」「NURO 光G2」というプランが存在します。

「NURO 光G2V」は2年間の継続契約になっており、
月額基本料金が税抜4,743円であり、基本工事料が税抜40,000円、
契約事務手数料税抜3,000円となります。

ただ途中解約する場合は、9,500円の解約手数料がかかります。

一方「NURO 光G2」のプランの場合は、
月額基本料金が税抜7,124円で基本工事料や事務手数料は
「NURO 光G2V」と同じ様にかかりますが、解約手数料がかからなくなっています。

契約期間も「NURO 光G2V」の様に2年間の縛りがないのが特徴的で、
その違いがあります。

また大きな違いとしては「NURO 光G2V」にはキャンペーンもあり、
そのキャンペーンは契約後1年間は月額2,980円の基本料、工事費相当分を実質無料、
So-net設定サポートが一回分無料となる特典があります。

なかでも工事費相当分実質無料となるので、
「NURO 光G2V」を使用すれば使用するほどお得となります。

将来的には月額で税抜4,743円の安さは魅力で維持費もかからないので、
NURO光を契約する上では「NURO 光G2V」を選択すると良いです。

なおONUホームゲートウェイは、レンタル機器となりますので、
解約した場合には返却する必要があり、破損した場合には機器損害金として11,000円が発生します。

ソフトバンクの割引を適用するとさらに安くなります。
ソフトバンクスマホをご利用になられている方は要チェックです!

NURO光の実際の速度はどれくらい?

NURO光はその謳い文句が下りの最大速度が2Gbpsと言うところです。

最近はインターネットにおいてギガレベルの速度が出るのは
常識的な数字であるとも言われていますが、それでも最大2Gbpsというのは
驚異的な数値であるとも考えられます。

しかし、実際にこの数字はどのような形で測定されているのか、
また実際にその数字が実使用上で実現可能なのかについて話題となり、
多くの人が実際にその数字を立証しようとしています。

そのため、実際に多くの人がNURO光の実際の速度を測定しています。
しかし、多くの実験結果ではその数値は2Gbpsという数字には届かず、
1Gbps弱という結果が多く報告されています。

但し、その測定値もあまり信ぴょう性が高いものではありません。
またNURO光が提唱する最大2Gbpsという数値も決して誤りではありません。

その理由は、インターネットの性質にあるのです。

インターネットの速度とは通常、データを送信するサーバー側と受信するパソコンなどの間で
どの位のスピードでデータが授受されたかを指します。

しかし、このなかにはパソコンからサーバー側にデータの送信を要求し、
その返信としてデータがサーバー側に送られてくるといった作業が伴うため、
その作業を処理する時間も含まれてしまうのが一般的です。

又、インターネットは複数のネットワークを経由して接続されているので、 
その途中で帯域の小さい部分が存在すると、その部分の影響を受けてしまうのです。

インターネットは世界中を接続しているネットワークなので、
その経路によっては、極端に遅くなってしまうことも少なくないものなのです。

しかし、一般的にNURO光のようなプロバイダーと言われる回線業者がスピードを提示する場合には、
自社が提供する回線の部分のみを通過するデータを測定し、このデータを最大速度として提示することが多いものです。

その為、NURO光が2Gbpsと提示していることは決して誤りではなく、
また実際には1Gbpsに満たないスピードであったとしても誤りではないということになります。

NURO光を実際に試したインターネット上のデータでは、1Gbps弱というスピードが報告されています。

こちらのNURO光の評判サイトにも、500Mbps以上は軽く出るとありますね。

これはインターネットの世界では速いと言われる数字であり、
実際に動画などを高画質で見るためには必要十分なスピードであると言えます。

そのためNURO光は2Gbpsは出ないけれども、実用に耐えうるスピードであると言えるのです。